「電車を待つ」ママ日和

ママ日和
うちの子どもたちは二人とも、赤ちゃんの頃から電車が大好きだった。時々、家の近くの駅に電車を見に行ったりもしていた。
ただ、我が家の最寄り駅は秩父鉄道の駅のため、あまり頻繁に電車は来ない。
けれど、保育所から家までの帰り道に駅があるため、子どもたちが少しずつおしゃべりできるようになると、「駅に行きたい!」「電車が見たい!」と言って、夕方の駅に寄ることが増えていった。
初めのうちは、電車一本見られるだけで満足していた子どもたちだったけれど、段々と「もっとたくさん見たい!」と言うように――。
電車を待つ
しばらく駅で待ち、ようやく一本電車を見送った後に、
「次はいつ来るの?」
「20分後だよ。あの長い針が8にならないと来ないよ」
「じゃあ、待つ!」
「えっ、待つの?」
こんなやりとりを何回しただろう。

特に夕方の20分なんて、私にはとっても貴重な時間。〈早く帰って、夕食の準備をしたい〉とイライラ……。
「もう帰ろう」と促したこともあったが、逆効果。
「絶対、帰らない!」と語気を強める息子。「次の、次の電車も見るから!」
ますます焦り、イライラを募らせる私。
こんな状態になるのが分かっているなら、初めから駅に立ち寄らなければいいのだけれど、根底には「子どもたちを喜ばせたい」という気持ちがある。電車を見ている子どもたちがとても楽しそうだから、私もそれが嬉しくて一緒に駅に行くのだ。でも、時々、子どもたちの気持ちと大人の都合に隔たりが生じてしまう。
せっかく楽しい時間を過ごすつもりだったのがうまくいかなくて、子どもたちにイライラしてしまった自分もイヤになる。
でも、それは閉ざされた部屋の中ではなくて、開かれた駅での出来事だった。毎日のように駅に立ち寄っていると、駅員さんに顔を覚えてもらい、話しかけてもらえるように――。

「よく来たね~」「元気だなぁ」
駅員さんから声をかけてもらい、嬉しそうに笑う息子。照れて返事ができない、恥ずかしがり屋の娘。
三輪車に乗った男の子とママが駅にやって来て、同じように電車を何本か見送っていたこともあった。何度か顔を合わすうちに、自然とお話しするようになり、その男の子も電車が大好きで、お散歩がてらよく電車を見に来ているということを聞いた。同じような子どもがいるママと話せただけで、なんかホッとした。
改札前のベンチに、その男の子と並んで座って、一緒に飴をなめながら電車を待つ子どもたち。そんな姿を見ていたら、自然と「これでいいんだ」と思えた。
今まで私が一生懸命していたことは、どこか空回りだったのかもしれない。「早くご飯を食べさせて、夜の何時までには寝られるようにしなくちゃ……」なんて、毎日気を張ってばかりいたように思う。
ある意味、諦めに近い気持ちだったのかもしれないけれど、「急がなくてもいいや~」と、のんびり駅で過ごす時間の中に、忘れていた大切なものがあるように感じた。

家族でも先生でも会社の同僚でもない人たちとのふれあい。
駅に置いてあるパンフレットや券売機は、大人には見慣れたものでも、子どもたちにとってはすごく心引かれるもの。

「あの紙、電車の写真が出てるから、欲しい!」
「あの機械、どうやって使うの?」
駅から帰るときはいつも、パンフレットやチラシが子どもたちの手に数枚握られていた。
そして、
「次の電車は、いったい何色なんだろう?」
「どっち側から来るんだろう?」
と考えながら待つことの楽しさ。
家の中ではそんなに見つめることのない時計も、ここでは「あとどれくらい待てば、電車に会えるか」を教えてくれる大事な目印。
時には好奇心が抑えきれず、改札を通り抜け駅のホームまで入っていこうとする息子を、追いかけたりもした。特に息子は、離れた踏切の音までよく気づき、「もうすぐ電車が来る!」と興奮状態になることもしばしば。何回見ようと見飽きることはないほど大好きなものに、もうすぐ出会えるというワクワク感。

〈電車を待っている間の20分〉
以前は、私にとっては〈家事ができるはずだったのに、できなかった20分〉だった。
でも、子どもたちにとっては、〈発見や楽しみの詰まった20分〉だったんだ。それに気づいていなかっただけで、本当は私にとっても――。
自分の気持ちに少し余裕が生まれると、新しい視点でものを見られるようになったり、工夫できる点に気づくこともあった。
子どもたちと一緒に、じーっと駅の時刻表の上りと下りを見比べていると、電車の来る間隔が短い時間帯を発見。
「この時間に駅に来られれば、効率よく電車を二本見られる!」
「そのためには、あとちょっとお迎えを早められればいいんだ」

もちろん、それができない場合もあったけれど、そんな日は、「ご飯を手抜きする」とか、「明日は休みだから、寝るのが遅くなっても良し!」とか、自分たち親子それぞれに良い方法をいくつか知っておくだけで、心の負担が軽くなった(気がする)。

「次の電車はしばらく来ないから、今日はお家に帰りな。またおいで」
と、駅員さんの方から助け船を出してくれることも……。駅員さんから言われると、親が言うよりもすんなりと子どもたちが納得してくれた。
そんな風に駅員さんにも成長を見守られながら、少しずつ子どもたちも大きくなっていった。

「貨物列車を運転したい!」とまで言っていた娘は、気が付けば電車好きをすっかり卒業していて、こちらがちょっと寂しくなるくらい……。
息子は電車好きを卒業するどころか、ますます電車への想いが強くなり、最寄り駅だけでは満足できなくなってしまった。「JRも見たい」「新幹線も見たい」「貨物がいっぱいいるところが見たい」と、電車を見に出かける範囲がどんどん広がっている。我が家は車で出かけることが多いため、最近は最寄り駅にはほとんど立ち寄らない。
時々、駅の近くで見かけていた三輪車の男の子とママの姿も、全く見ることがなくなってしまった。三輪車の男の子もまた、成長とともに興味や行動の範囲が広がったのかもしれない。それはとても素敵なことだけれど、ちょっと寂しい気持ちにもなる。

子どもたちは、駅で過ごしたあの時間をいつまで覚えているのだろうか。
子どもの1ヶ月、1年はとても密度が濃く、今を全力で生きているという感じで、少し前のことをすっかり忘れていたりする。それとも、まだ覚えておくには幼すぎたのかな?
過ぎてしまうと、親である私の方が、あの何気ない時間がキラキラしていたような気がして名残惜しい。
子どもたちがまだ駅に立ち寄っていた頃、駅員さんの一人が退職することになった。それを知った子どもたちと私は、その駅員さんの最後の出勤日に、花束を届けに駅に行った。その後、駅員さんからはご丁寧な御礼までいただき、それがご縁で数年経った現在も年賀状のやりとりをしている。
子どもたちがつなげてくれるもの、子どもたちを通して知る世界―― そういうものに今、私の生活は支えられ、彩られているのかもしれない。

著者紹介
名前
円野こいし
性別
年齢
昭和生まれ
出身
東京都
コメント
夫、小2の娘、年長の息子と熊谷に住んでいます。エッセイは初めてですが、子どもたちとの日常を綴っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
こいし

関連記事

  1. 熊谷ナビ

    エピソード.001「僕たちクマレンジャーFiVE」

  2. 熊谷ナビ

    エピソード.002「ピンクのシャワータイム♪」

  3. ミライのこと

    第1話「いまここにいます」ミライのこと

カテゴリー

  1. LiFE.004 「すきなことを仕事に」須方紀光

    2018.11.13

  2. 中田 夕貴

    LiFE.003 「レースに命をかける」中田夕貴

    2018.11.04

  3. D&DEPARTMENT

    FiLE.009 D&DEPARTMENT SAITAMA by PUBLIC DINERで働く美人マ…

    2018.10.29

  4. ママ日和

    「電車を待つ」ママ日和

    2018.10.26

  5. ミライのこと

    第1話「いまここにいます」ミライのこと

    2018.10.20

  1. LiFE.004 「すきなことを仕事に」須方紀光

    2018.11.13

  2. 中田 夕貴

    LiFE.003 「レースに命をかける」中田夕貴

    2018.11.04

  3. D&DEPARTMENT

    FiLE.009 D&DEPARTMENT SAITAMA by PUBLIC DINERで働く美人マ…

    2018.10.29

  4. chusライブ

    LiFE.002 「歌う父ちゃん」小久保淳平

    2018.09.10

  5. 脇田彩乃

    LiFE.001 「好きなことをして、生きる」脇田彩乃

    2018.09.05

  1. ゆめみる本屋さん

    ゆめみる本屋さんで開催された、絵本で子育て講座に潜入!

    2018.10.03

  2. 熊谷なないろ食堂

    おいしい匂いに誘われて、熊谷なないろ食堂へ!

    2018.10.01

  3. カキ氷

    熊谷なないろ食堂の夏祭りに潜入!

    2018.08.26

  4. 記者会見

    「勝手に熊谷を背負う私」出版記念記者会見に出動!

    2018.08.26

  5. 熊谷うちわ祭り

    関東一の祇園!熊谷うちわ祭2018をパトロール!

    2018.07.23

LiNE@

LiNE@はじめました。LiNE@でしかGetできない、熊谷市内のお店、イベント、熊谷観光などの耳寄り情報がてんこもり!

熊谷戦隊クマレンジャー達の限定オリジナル画像を続々と配信中です。


ボートレース

(2018/11/04限定配信)


下記のQRコードを写真で読み込むか、友達追加ボタンを押してください。

友だち追加