野菜を育てる

野菜を育てる
息子が最近、野菜作りに夢中だ。
少し前に、「野菜を育てたい」と息子が言い出した。野菜といえば、以前、小学校でミニトマトなどの栽培はしたけれど、家庭菜園は初めて。
でも、自分で何かをやってみたいという気持ちは、大切なもの。早速、始めてみることにした。
家に、昔どこかでもらった野菜の種があったので、息子と種まきをしたけれど、残念ながら芽は出なかった。古すぎたのかもしれない。

そこで、子どもたちと種苗店に出かけることに――。
そこには色々な種類の野菜の苗がずらりと並んでいた。ミニトマトだけでも何種類もある。
息子は目を輝かせながら、苗を見て回る。この頃、思春期を迎え、口数の少ない娘は、初めは興味なさそうにしていたが、徐々にぽつりぽつりと、自分はこれがいいというのを話してくれた。
あれもこれも欲しいけれど、我が家では、プランターを使って小さな家庭菜園をする予定なので、そこに収まるくらいの数で選ばなくては……
三人で相談し、結局、学校でも栽培した経験のあるミニトマト、娘の好きなキュウリのミニサイズ、そしてリーフレタスの苗を買って帰った。
「早く植えよう、早く植えよう」と、張り切る息子。「折角なら、お気に入りのじょうろで水やりをしたい」という娘。
こうして、我が家の野菜作りが本格的に始まった。

息子は、帰宅後には、プランターの様子を観察するのが日課となった。娘が探していた可愛いじょうろは、無事ホームセンターで手に入れることができた。そのじょうろを使って、娘も、水やりなどのお世話をよくしてくれる。
日々生長する野菜たちの姿には、発見や驚きが溢れている。
キュウリは、朝伸ばしかけのつるを見つけたと思ったら、夕方にはもう、支柱にまきついていたり、花が次々と咲いたり…… 
ミニトマトの苗もあっという間に大きくなり、実をつけ始めた。
その生命力には元気をもらえる。

一ヶ月ほど経ち、リーフレタスが収穫できるほどに大きく育った。
今まで生野菜はあまり好きではなく、レタスもそんなに食べたがらなかった息子にとっても、家庭菜園で収穫できたものは格別。その日食べる分だけ葉を収穫し、サラダなどにすると、子ども達はよく食べ、「毎日食べたい」と言ってくれる。
採れたての野菜は、瑞々しくて、手の込んだ料理にしなくても、子どもたちが喜んでくれるのが嬉しい。

収穫の楽しみも知って、ますます野菜作りに熱心な息子と一緒に、最近は親子で、テレビの園芸番組を観るようになった。そこでまた、他の野菜や植物に興味を持ったり、野菜の育て方の面白さや奥深さを知ったりもする。
新鮮な野菜の美味しさを知って、野菜の直売所巡りも、息子の新しい趣味に加わった。どこかに外出したときには、その近くの直売所に寄って、採れたて野菜を買ったり、花の苗も眺めて楽しんだりしている。
娘とも、野菜作りの話題で会話が生まれたり、一緒に作業などもしている。娘も、来年は中学生。学業や様々な役割などで、段々忙しくもなってきた。最近は、家に帰ってくると、疲れているのか、一人で静かに過ごすことが多くなっていた。その娘と今、こういう楽しい時間が持てているのは貴重だ。

家庭菜園には、新たに青ジソが仲間入りした。以前は、香りの強いものは好まなかった息子が、先日初めて青ジソを食べることにチャレンジし、その美味しさに目覚めたらしい。今では「大好き」だという。野菜作りを通して、子どもたちの成長や、新たな一面も、知ることができている。
趣味の世界も、食の楽しみも広がり、「今度は何を育てよう?」そんなワクワクが私たち家族の毎日に、彩りを与えてくれる。
何年か前に、娘が昆虫に夢中になり、一緒に飼育をしたり、観察していたときの事を思い出す。
今では、昆虫からすっかり卒業してしまった娘。
息子の野菜作りへの情熱もいつまで続くかは分からない。また、興味の対象も移り変わっていくものかもしれない。
けれど、何かに一生懸命になる――。
そのきっかけを作ってくれた子どもの興味や好奇心は、やっぱりステキだと感じる。そして、何かを始めてみることは、いつでも新しい明日を作り出してゆく。未来を創造している子どもたちの姿は、生き生きとして、キラキラ輝いている。

著者紹介
名前
円野こいし
性別
年齢
昭和生まれ
出身
東京都
コメント
夫、小2の娘、年長の息子と熊谷に住んでいます。エッセイは初めてですが、子どもたちとの日常を綴っていきたいと思います。よろしくお願いいたします。
こいし

関連記事

  1. ピンクのシャワーシーン

    エピソード.002「ピンクのシャワータイム♪」

  2. サイレントナイト

    エピソード.009「サイレントナイト」

  3. ギフト

    エピソード.010「ギフト」

  4. あれよあれよと動けなくなったオレのこと

    第1話「あれよあれよと動けなくなったオレのこと」

  5. 変形ロボ!クマレンアルファー!

    エピソード.008「変形ロボ!クマレンアルファー!」

  6. 服を着る

    「服を着る」ママ日和

  1. オレ、くるみあんぱんを買いに行く。

    第8話「オレ、くるみあんぱんを買いに行く。」

    2022.06.24

  2. 野菜を育てる

    野菜を育てる

    2022.06.05

  3. ミライのこと

    第8話「イツカ」ミライのこと

    2021.12.29

  4. 第9話マスク

    「マスク」tanioの子育て 楽描き4コマ劇場

    2021.12.13

  5. オレ、長瀞へ行く。手助けしてくれた皆さんに感謝!

    第7話「オレ、長瀞へ行く。手助けしてくれた皆さんに感謝!」

    2021.12.05

  1. 川久保皆実さん

    LiFE.018「当事者が声をあげる事で街を変えたい」川久保皆実さん

    2021.07.04

  2. LiFE.017「おりがみ忍者ハッタリくん!?」ハッタケンタローさん

    2021.03.16

  3. マグノリアコーヒー

    LiFE.016「多様化するコーヒービジネスの世界で」富岡恒久

    2020.10.16

  4. 和菓子処-かんだ和彩

    LiFE.015「熊谷1の和菓子屋さんにインタビュー!」神田 武治

    2020.06.13

  5. どすこい喫茶やまこ

    FiLE.013 穀物と野菜と果物料理の店「どすこい喫茶やまこ」の女将に…

    2020.06.10

  1. 走る!千社札2021号完成記者会見の会

    走る!千社札2021号完成記者会見の会に潜入なのだ! / 熊谷なびイベ…

    2021.11.26

  2. 野本翔平

    行田市の「パートナーシップ宣誓制度」について、行田市議会議員の野…

    2021.05.04

  3. 星に願いを

    星に願いを / 熊谷なびイベント情報

    2020.12.11

  4. 花処花十

    お客様の声003.ゆるいてんちょうさま

    2020.11.03

  5. 森田さん

    お客様の声002.森田さま

    2020.08.26

カテゴリーから選ぶ

Google広告

ワクワクを体験しよう

たべる、たいけん、よむ、まなぶ、の4キーワードと、おすすめのイイモノをご紹介。

たべる

たいけん

たべる

たべる

KUMAGAYAGIRLS

KUMAGAYABOYS

いいお店

熊谷市民の生活圏内の「いいお店」を厳選してお届けしております。

Line URL:https://kumagayalife.com/

グーグル広告

公式YouTubeチャンネル

ドローンなどを活用して、動画で楽しい情報を配信しております。

URL:https://www.youtube.com/channel/

Google広告

LiNE@アカウント

LiNE@でしかGetできない情報や、限定オリジナル画像など続々と配信中です。

Line URL:https://line.me/

オリジナル画像配信中

熊谷戦隊クマレンジャー達の限定オリジナル画像を続々と配信中です。

下記のQRコードを写真で読み込むか、友達追加ボタンを押すだけで、簡単に無料でGETできます。

友だち追加 FiVE002

グーグル広告