LiFE.017「おりがみ忍者ハッタリくん!?」ハッタケンタローさん

イベントの運営やデザイナーとして活躍されている傍ら、小川和紙の魅力を千年先の未来へ繋ぐべく、おりがみ忍者ハッタリくんとして活動されているハッタケンタローさん。

おりがみ忍者としてデビューするに至った経緯や、歴史、文化、世界との関わりなど、様々な視点でおりがみ忍者としての使命感に燃える、その活動や思いを伺ってきました。

(取材/ライター ゆるいてんちょう)

おりがみ忍者ハッタリくん誕生の経緯

ゆるいてんちょうライターゆる

「本日はどうぞよろしくお願いします。以前イベントでお見かけしてから気になっていました。おりがみ忍者ハッタリくんは何者なんだと。まずはどのように誕生したのか教えてください。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「小川町は、和紙の町ふるさととして1300年の歴史があると言われている町で、この時代に1000年を振り返れるってすごいなと思って。ぼくは有機農業のサポートをする縁でこちらの町に2011年の暮れに引っ越してきたんですが、デザインの仕事の一つとして小川和紙を使ったデザイン、すなわちおみやげになるようなものを自分で作ってみたいなという夢があったんです。それでずっと試行錯誤してずるずると形にならないまま、もんもんと考えていました。」

ゆるいてんちょうライターゆる

「それはデザイナー魂みたいなものなんでしょうか。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「そうですね。小川町に暮らす中、身近にある小川町の和紙を使って自分に役立てる事がないかな、と思ったんです。デザイナーなんだから、その能力を使わないのは、もったいないなという気持ちがあって。小川町では七夕まつりっていう昔から続く大きなお祭りもあるのですが、そのときちょうどクリスマスが近くて、これはそのままオーナメントになりそうだなというアイディアが浮かび、実は、そのときにギックリ腰で動けないときで。腰が痛くて動けないから、手をごねごねと動かしていたんです。それじゃあこの和紙てサンタクロースをつくってはどうかと折りはじめました。でもなんかおもしろくないなと。既にあるものだし、なんとかならないかなと折り進めていたら、、、」

ゆるいてんちょうライターゆる

「おー忍者になった。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「そうです。2018年の暮れに、忍者の原型が誕生しました。それでこれができたとき、ちょうど、次の年にワールドカップが来る、その次の年にはオリンピックが来ると。海外から4000万人のお客さんが来ると言われていました。海外の人たちに小川町のおみやげ手にとってもらえるといいな、という思いが当初からあったので、そう考えたときに、忍者で和紙で折り紙、まさにザ・ニッポン!絶対イケル!と思いました。」

ゆるいてんちょうライターゆる

「確かに、すごく日本的で海外の方に興味をもってもらえそうですね。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「小川和紙は色のバリエーションもゆたかで、世界的なイベントを前に多様性の表現も出来るなと思いました。さらに折り紙と言えば小さいときに折った事のあるかぶとや手裏剣もある。忍者にかかぶとをかぶせたり、手裏剣を投げて忍者に当てて遊ぶゲームなんかも出来るぞ、などなどアイデアがいろいろふくらんでいききました。」

ゆるいてんちょうライターゆる

「確かに、かぶとや手裏剣なら私も折ったことがあります。簡単にできますね!」

ハッタケンタローさんハッタさん

「今遊びといったらスマホや携帯ゲームじゃないですか。たまにおじいちゃんちに遊びに行っても子供だけがゲームをして世代間を越えて出来る遊びをしていない。折り紙を折って、手裏剣を投げて、忍者にあてるゲームなら、単純で、海外の人にも理解してもらえるし、親も子も、身体のハンディギャップも関係なく遊べる。お店で買わなくても、お金がなくても、そこに何枚かの紙さえあれば、誰でもが参加できる。
伝統的に昔から続く和紙はWASHI、折り紙はORIGAMI、忍者はNINJAとして、すでに世界に広がっている日本の文化だし、手裏剣を投げて相手の忍者を倒すというシンプルなバトルゲームの要素もある。
そういった要素を組み合わせてイメージを膨らませると、おりがみ忍者はORIGAMI NINJAとして世界中に広がり、そして次の1000年につないでいけるワールドワイドなゲームになる可能性があるんじゃないか、そう確信しています。」

折り紙忍者

ゆるいてんちょうライターゆる

「世界や1000年先を見据えた大きなお話になって来ましたね!」

ハッタケンタローさんハッタさん

「これは一生かけてもいい仕事だと思い、世界戦略的にやっていこうと思いました。これをどう広めたら良いかと考えたときに、自分が忍者になるしかないと思いました。ぼくのおばあちゃんちは富山で、藤子不二雄さんの出身地なんですね。忍者と言えばハットリくんなんです。そこで、自分の名前はハッタなので、ハットリとはった、これは良いと思い、おりがみ忍者ハッタリくんが誕生しました。」

ゆるいてんちょうライターゆる

「ついに忍者に!」

ハッタケンタローさんハッタさん

「そのときちょうど50歳で、自分の人生をどう生かすか真剣に考えないと、あっという間に過ぎてしまうなと考えて、それもあっておりがみ忍者としてデビューしようと。これからの環境のためとか、子供たちのためとか、いろいろ考えると、自分自身がヒーローになるしかないという選択にたどり着きました。50歳すぎて忍者になる奴なんかいないよと思うんだけど(笑)。現在、おりがみ忍者ハッタリくんとしてヒーローの修行中です。」

ゆるいてんちょうライターゆる

「人生をかけて達成したい事を見つけるってすごい事だなと思います。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「小川町の和紙をきっかけに、歴史の深堀が出来るようになりました。田舎と都会の違いって、歴史がある事だと思います。都会の歴史ってせいぜい江戸くらいかなと思う一方で、地方では平安、もしかしたら縄文までさかのぼる事ができると。歴史に視点を向けるという事が地域のダイナミックな面白さなんだと感じています。」

ハッタケンタローさん

ゆるいてんちょうライターゆる

「確かに、小川町に限らず、それぞれの地域に面白さが眠っているような気がしてきました。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「よくロングライフデザインっていうけど、ロングライフって過去どれくらい、未来に対してどれくらいの尺度を持つのかということが出てきます。古くから農村に伝わるものとか、そういったものを地域から掘り出していくと地域に深みが出てくると思うんです。こどもたちが地元愛を育むということにもつながると思います。
今残っている1000年前のものといったら平等院ですよ。そういうものが今の時代にどれくらい生み出されているでしょうか。この先1000年先に何が残るかという事を見据えた事を考えています。
折り紙もシンプルだから良くて、今ネットなんか見てもめちゃくちゃ複雑な、つくるのに2日かかりました、みたいなのも折り紙もでてきますが、これはそうではなくて簡単な誰にでも折れるものなんです。」

ゆるいてんちょうライターゆる

「確かに、次の人に伝えて残していくためには簡単である事は大切な要素ですね。」

おりがみ忍者ハッタリくんとしての活躍

ゆるいてんちょうライターゆる

「具体的にはどのような活動をされているんですか。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「2019年は、2015年4月ににおきたネパール地震の支援プロジェクトをしている友人の誘いで、ネパールの被災地にでかけ、そこの小学校で、おりがみ忍者としてこどもたちに折り紙教室を開催しました。」

ネパールのこどもたちに折り紙教室

ゆるいてんちょうライターゆる

「すごい。それは喜ばれますね。現地のこどもたちは忍者が本当にいると思っちゃいますよね。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「そうですね。Ninja! Ninja!と喜んでもらいました。海外の方たちは僕を日本人というよりは日本から来た忍者として見てくれるので、そういうのも面白いなと思いました。
近々ではトルコのシリア難民のこどもたちへの教育支援プロジェクトで折り紙をやっているというので教えに行く話もいただきましたが。このコロナで行けていないのが、残念ですね。」

ネパールのこどもたちに折り紙教室

ゆるいてんちょうライターゆる

「素敵な活動ですね。この活動が広がって、世界中のこどもたちがおりがみで遊ぶ風景が目に浮かびます。」

ハッタケンタローさんハッタさん

「がんばりたいですね。」

ゆるいてんちょうライターゆる

「これからのご活躍も本当にたのしみです。千年を見据えた時間軸、グローバルな視点と、大変お勉強になりました。本日は貴重なお時間ありがとうございました。」

関連情報
instagaram:@origamininjahattarikun
Facebook:おりがみ忍者 ハッタリくん

ハッタケンタローさん

取材・文/ゆるいてんちょう
記事制作/みずかず
撮影/柿沼博基

関連情報

有機野菜食堂わらしべ
有機野菜食堂わらしべ パスタ
営業時間
11:00~20:30
定休日:月曜日・火曜日
住所
〒355-0321 埼玉県比企郡小川町小川197−4
ホームページ
https://gyokuseisha.jp/shop/warashibe/
instagram
@warashibe1119

関連記事

  1. wakeupudfes2018入口ゲート

    WAKE UP FES 2018

  2. PLACEMARKET

    2020年最初のPLACE MARKETに潜入してきたぞ!

  3. 中之条ビエンナーレ2019

    中之条ビエンナーレ2019開催中!

  4. 美味しいごはん

    ドキュメンタリー映画「美味しいごはん」自主上映会!

  5. お風呂ミステリー

    おふろcafé bivouacで「おふろミステリー」!?

  6. 二の蔵

    ふるカフェ系 ハルさんの休日に、本庄市の「cafe NINOKURA/二の蔵(にのくら)」さんがご出演!!

  1. 川久保皆実さん

    LiFE.018「当事者が声をあげる事で街を変えたい」川久保皆実さん

    2021.07.04

  2. オレ、お友達の声が聞きたい!

    第6話「オレ、お友達の声が聞きたい!」

    2021.05.11

  3. 野本翔平

    行田市の「パートナーシップ宣誓制度」について、行田市議会議員の野…

    2021.05.04

  4. 写真撮影のうらがわ

    LiFEのうらがわ壱ノ巻「写真撮影」

    2021.04.18

  5. 子育て終了からのインコライフ

    子育て終了からのインコライフ

    2021.04.11

  1. 川久保皆実さん

    LiFE.018「当事者が声をあげる事で街を変えたい」川久保皆実さん

    2021.07.04

  2. LiFE.017「おりがみ忍者ハッタリくん!?」ハッタケンタローさん

    2021.03.16

  3. マグノリアコーヒー

    LiFE.016「多様化するコーヒービジネスの世界で」富岡恒久

    2020.10.16

  4. 和菓子処-かんだ和彩

    LiFE.015「熊谷1の和菓子屋さんにインタビュー!」神田 武治

    2020.06.13

  5. どすこい喫茶やまこ

    FiLE.013 穀物と野菜と果物料理の店「どすこい喫茶やまこ」の女将に…

    2020.06.10

  1. 野本翔平

    行田市の「パートナーシップ宣誓制度」について、行田市議会議員の野…

    2021.05.04

  2. 星に願いを

    無数の願いが星川を彩りました / 熊谷なびイベント情報

    2020.12.24

  3. 星に願いを

    星に願いを / 熊谷なびイベント情報

    2020.12.11

  4. ギフトづくりワークショップ

    『極上の日常を旅するギフト』づくりワークショップに潜入してきた…

    2020.11.09

  5. 花処花十

    お客様の声003.ゆるいてんちょうさま

    2020.11.03

カテゴリーから選ぶ

Google広告

ワクワクを体験しよう

たべる、たいけん、よむ、まなぶ、の4キーワードと、おすすめのイイモノをご紹介。






いいお店

熊谷市民の生活圏内の「いいお店」を厳選してお届けしております。

Line URL:https://kumagayalife.com/

グーグル広告

公式YouTubeチャンネル

ドローンなどを活用して、動画で楽しい情報を配信しております。

URL:https://www.youtube.com/channel/

Google広告

LiNE@アカウント

LiNE@でしかGetできない情報や、限定オリジナル画像など続々と配信中です。

Line URL:https://line.me/

オリジナル画像配信中

熊谷戦隊クマレンジャー達の限定オリジナル画像を続々と配信中です。

下記のQRコードを写真で読み込むか、友達追加ボタンを押すだけで、簡単に無料でGETできます。

友だち追加 FiVE002

グーグル広告