第3話「オレの家に満天の星空が!惑星が降ってきた!」星つむぎの村・フライングプラネタリウム体験

オレの家に満天の星空が!惑星が降ってきた!
3月に入り春めいてきたなと思ったら、世間は新型コロナウィルスで大騒ぎですね。
気軽に外出ができなくなってしまいました。

我が家はというと、コロナ以前にインフルエンザなどの感染症が流行り始めると「危険信号発令」でほぼ人混みには行きません。
病気の子を持つ家族の多くは同じだと思いますが、うちの息子の場合は感染症にかかると病状が悪化し、命が縮みかねないので冬の外出はヒヤヒヤものです。

人のまるでいない山の中や河原には行きますが、この冬に行った人混みは「みかん狩り」と「おそい初詣」くらいで、あとは病院、病院、病院。(ある意味一番危険な場所です。)

そんな生活をしていたところに、SNSで知り合った同じように外出ができない男の子のママから、『一緒にプラネタリウムをやる人いませんか?』というメッセージが届きました。

山梨に住んでいる親子と埼玉のオレが一緒にプラネタリウム!?
しかも自宅で?いったいどういうこと??
なんだかよくわからないけど楽しそう♪
目がどんどん見えなくなってきている息子にプラネタリウムを見せてあげたい!
というか、私の顔すらはっきりと見えていなそうな息子に見えるのだろうか??
眼科医には全盲になっても光を見たり感じれる機能は残ると言われたから、もしかしたら暗闇の中のお星様やお月様は見えるかもしれない!
今すぐやりたい!
と、私はフツフツと高揚し『プラネタリウム、やりたいです!』と即答でお返事しました。

よく調べてみると、それは山梨県の『星つぐみの村』という法人がやっている、インターネット配信を使って在宅療養の者同士が星空の下でつながることのできる、『フライングプラネタリウム』というものだということがわかりました。

笑顔がとびきり可愛いその山梨の男の子と、うちの息子が一緒に星空を見上げるなんて素敵すぎる♡

私は当日に備えて息子の体調管理を行いました。

当日までは三者(星つむぎの村の代表の方、山梨のお友達ママさん、私)で連絡を取り合いながら、自宅に届いたプラネタリウムの機材を寝室にセット。プロジェクター、スピーカー、スマホを接続しピントを合わせたり音量を調節したり。

プラネタリウムの機材を寝室にセット
星空を映写

そしていざ当日。

はじめに、スマホ越しのビデオ通話で三者ご挨拶。
私は山梨のお友達ママさんと初めてお話しし、若干の緊張と照れ。
そしてプラネタリウムの始まりです。

二人のために作られたであろうプラネタリウムの映像が生配信され、映像に沿ってお話をしてくれるのは『宙先(そらさき)案内人』、「星つむぎの村」代表の高橋さんです。(あとで知りましたが自宅から語りかけてくれていたそうです。)

息子はどこからか聞こえてくる自分の名前を呼びかける声に驚いて、周りをキョロキョロ。
そして寝室の天井一面に映る光る星座群を、目をカッ!と見開いて必死に見ようとしていました。
その様子に、まだ息子には見たいという強い意思と、視力も僅かだろうけど残っているんだ!ということがはっきりとわかりました。

途中、息子が生まれた日の星空が映し出され、久しぶりに産んだ時のことを思い出しました。
最近は心配事だらけの日々を送っていますが、トラブルなく生まれてきた瞬間は希望に満ちていたな・・・と。
私は『星は遥か昔から生まれたり消えたりを繰り返している』という語りに、なぜだか息子の病気が大したことないように思えてきました。
プラネタリウムを見ていたそのひと時だけでも、そういう気持ちになれたことを今では感謝しています。

当の本人はというと、暗闇から降ってきてはパァァァと近づいてくる火星などの惑星、月、地球にあっけにとられ意識を失いそうになっていました。笑。

そしてプラネタリウム終了後も、翌日の朝も、なにやら神妙な顔つきでじっと天井を見つめているので、「お星様探してるの?」と聞くとニカッと大きな笑顔。「またお星様見たいね。」と言うと『ウキャッ!!』と喜びの声でした。

一緒に見ていたパパは何を思ったのか息子に向かって「生きている間にたくさん輝けばいいんだ!」「あ、でもオレはもぅ既に輝いているから、そのままでいいんだ!」などと話しかけていました。笑。
後日、この「フライングプラネタリウム」のことはネットの記事に掲載され、私と山梨のお友達ママはお互いの息子のスター性を確信!!喜び合いました。

興味のある方は見てみてください☆

三菱電機・読む宇宙旅行 
『外に出られない人へ星空をー「フライングプラネタリウム」が示す星の力』
http://www.mitsubishielectric.co.jp/

パパと一緒に降ってきた惑星を見るオレ

パパと一緒に降ってきた惑星を見るオレ

著者紹介
名前
inoinoart
性別
年齢
ホームアローンのケビンと一緒
出身
江戸っ子
コメント
熊谷と深谷を行ったり来たり。難病っ子の息子を育てながらアート活動とアウトドアに勤しむ。エッセイも楽しみたいと思います!
instagram
https://www.instagram.com/inoinoart/
inoinoart

関連記事

  1. あれよあれよと動けなくなったオレのこと

    第1話「あれよあれよと動けなくなったオレのこと」

  2. 手洗いうがい

    「手洗いうがい」tanioの子育て 楽描き4コマ劇場

  3. ミライ仕事

    第3話「かべ」ミライのこと

  4. 「新入社員の憂鬱」明日は晴れるかな

  5. 希望を探す

    「幸運を探す」ママ日和

  6. 親知らず

    「親知らず」tanioの子育て 楽描き4コマ劇場

カテゴリー

  1. 「できることをする」ママ日和

    「できることをする」ママ日和

    2020.04.04

  2. takeout

    熊谷周辺のテイクアウトできるお店が大集合!?

    2020.04.04

  3. ミライのこと

    第5話「コロナ」ミライのこと

    2020.04.04

  4. ゆめみる本屋さん

    iiiMONO.002 老川さんの厳選した「おすすめ絵本セット」

    2020.04.01

  5. お茶できる券

    iiiMONO.001 臼杵さんとお話できる券

    2020.04.01

  1. Greengrocerystore

    LiFE.014「八百屋という名の古着屋さん」小林文弥

    2020.02.08

  2. 滑川友理

    LiFE.013「すべての人がおなじ法のもとで」滑川友理

    2020.02.07

  3. Mayla

    FiLE.012 熱いぞ熊谷のホットな「ヨガインストラクター」インタビュ…

    2019.12.17

  4. 高井浩章

    LiFE.010 「こどもの頃からの夢をかなえる」高井浩章

    2019.11.16

  5. 鈴木颯

    LiFE.012「前向きにシンプルに」鈴木颯

    2019.11.13

  1. takeout

    熊谷周辺のテイクアウトできるお店が大集合!?

    2020.04.04

  2. コウとチョウゴロウの夏~高山社 小さな記憶の物語

    藤岡市のまち映画「コウとチョウゴロウの夏~高山社 小さな記憶の…

    2019.10.04

  3. パートナーシップ制度

    群馬県初!町村で全国初!「パートナーシップ制度」を実施している大…

    2019.09.24

  4. 采澤考コーチ

    熊谷で行われたラグビー日本代表の試合を、パブリックビューイング…

    2019.09.06

  5. 長沼郁生

    第4回熊谷発ビジネスプランコンテスト「まちづくり大賞」の受賞者に…

    2019.04.21

LiNE@

LiNE@はじめました。ついに公式アカウントとなり、1:1トークも可能となりました。LiNE@でしかGetできない、熊谷市内のお店、イベント、熊谷観光などの耳寄り情報がてんこもり!

熊谷戦隊クマレンジャー達の限定オリジナル画像を続々と配信中です。


(2018/12/23限定配信画像)


下記のQRコードを写真で読み込むか、友達追加ボタンを押してください。

友だち追加 FiVE002

Google広告