第6話「オレ、お友達の声が聞きたい!」

オレ、お友達の声が聞きたい!
こんにちは。
すっかりエッセイをサボっていましたが、サボっている間に息子は『胃ろう』という胃から直にご飯が食べられる(ぺースト状のご飯が入れられる)口のような入り口を造る手術をしました。
今はお腹に胃ろうボタン(胃に繋がってる)というものが付いているので、今までお鼻から出ていた長いチューブはなくなり、お鼻スッキリです!

お鼻チューブがなくなって生活していると気づいたことがあります。

お散歩中に通りすがる子ども達に『鼻についてるのなぁに?』と質問されたり、お買い物中に子どもがお母さんに『ママ、あの子鼻になんかついてる・・・』と報告し何度も息子の様子を見に来て、しまいにはお母さんに「こっち来なさい!」と怒られる。というような事がなくなりました。

鼻から何か出てるって見た目にかなりの違和感があるみたいですね。
確かに、もしも街で素敵な男性の鼻から長いチューブが出ていてそこからコーヒーでも注入していたら気になって見るだろうし、「うちの息子と一緒ですね♡」と話しかけてしまうかもしれません。
(これ、場所が病院だと大して気にならなかったりするんですよね。意識の問題でしょうか・・・不思議。)

息子はいま年長さんで、療育が受けられる児童発達支援施設ポプラという場所に親子で通っています。保育園や幼稚園と同じように、運動(体操)、お歌、お散歩、絵本の読み聞かせやお絵かきなどしています。

そして新型コロナウイルスが登場する以前は、その療育施設に通いながら、近くにある保育園とお互いのお庭やお散歩で交流したり、イベントを見学させてもらったりしていました。

息子が鼻チューブをつけ始めた当時、元気いっぱいな保育園の子どもたちに取り囲まれ、鼻チューブを指差し『それなぁに??いたい??おえー!』と質問ぜめにあっていました。
療育の先生や私が「ここからお水飲んだりご飯食べたりするんだよ。」と話すと、素直に『へー!!』と納得する子。不思議そうな顔をする子。ちょっと心配そうに離れて息子を見つめる子。チューブやバギーに触りたくてウズウズしている子。子どもたちの様々な反応が見れてとても面白いです。

当の息子も囲まれてビックリするものの、たくさんのお友達の声を聞きながら話しかけられた言葉の意味を考えている様子。その場では刺激が強すぎて意識を失いそうになりますが、家に帰ると昼間出会った保育園のお友達のことを思い出しているのか、マネしているのか『うきゃぁ!んがぁぁぁー!!』と大きな声を出してご機嫌に笑ったりしていました。

ある時いつものように、『それなぁに?』と保育園児に聞かれていると、一人の男の子がやって来て『俺知ってる。水とかお茶入れるんだ。』とさらっとそのお友達に教えていました。驚きと関心の瞬間でした。

家族や知り合いに鼻チューブを付けている人がいるのか、親御さんが医療関係の仕事をしているのか、テレビで見たのか、なぜ知っているのかわかりませんが、私はその出来事を思い出してはとても救われた気持ちになります。

多くの人が彼のように「医療的ケア」という言葉ではなくとも、そのようなケアをしながら生活している人や子どもがいる。ということを自然に知っている人が増えれば世の中は変わるかもしれないな・・・と思いました。

私自身は何百回と『それなぁに?』と質問されても、「ここから牛乳飲むんだよー。」「りんごジュース飲むんだよー。」「ご飯食べるんだよー。」と返事することを楽しんでいましたが、中には気にしてしまったり、心を痛めてしまう親御さんもいるかもしれません。

そんな鼻チューブを介した園児たちとのやり取りも初めのうちだけで、慣れてくるとただ捕まえた虫や拾った木の実を見せに来たり、息子がむせ込んでいると『大丈夫?お水飲んだら。』と心配してくれるようになったりと自然なものになりました。

しかし、昨年度はそんな楽しい交流も実体の分からぬウイルスにより1年間中止となり、息子も私も寂しかったです。(正しい判断なので仕方ないですが。)

そして今年度、感染に気をつけた十分すぎる距離をとっての交流を再開してみたところ、案の定息子は遠くに聞こえるたくさんのお友達の賑やかな声や気配に喜び、また家に帰って思い出しては嬉しそうな声を上げています。

まだまだウイルスを恐れつつの日々ではありますが、状況に応じた感染対策を考えて楽しめることは楽しんでいけたら良いなぁと思います。

GW中に療育のお散歩コースをパパに見せてあげました。

GW中に療育のお散歩コースをパパに見せてあげました。

お知らせ:前回の家庭菜園についてのエッセイを編集し直して動画にしてもらいました。興味のある方はどうぞ(^^) 
https://www.youtube.com/watch?v=261FX9dMoNo&t=84s

「胃ろう」ってどうゆうものか気になる方はこちらをどうぞ(^^)
https://www.youtube.com/watch?v=weeK-uHPhYs

著者紹介
名前
inoinoart
性別
年齢
ホームアローンのケビンと一緒
出身
江戸っ子
コメント
熊谷と深谷を行ったり来たり。難病っ子の息子を育てながらアート活動とアウトドアに勤しむ。エッセイも楽しみたいと思います!
instagram
https://www.instagram.com/inoinoart/
inoinoart

関連記事

  1. 服を着る

    「服を着る」ママ日和

  2. 第2話石遊び

    「石遊び」tanioの子育て 楽描き4コマ劇場

  3. 電車を待つ

    「電車を待つ」ママ日和

  4. クマレンジャーと星の友だち

    エピソード.000「クマレンジャーと星の友だち」

  5. 第1話「いまここにいます」ミライのこと

  6. ミライ仕事

    第3話「かべ」ミライのこと

  1. オレ、お友達の声が聞きたい!

    第6話「オレ、お友達の声が聞きたい!」

    2021.05.11

  2. 野本翔平

    行田市の「パートナーシップ宣誓制度」について、行田市議会議員の野…

    2021.05.04

  3. 写真撮影のうらがわ

    LiFEのうらがわ壱ノ巻「写真撮影」

    2021.04.18

  4. 子育て終了からのインコライフ

    子育て終了からのインコライフ

    2021.04.11

  5. 暑くなれ

    暑くなれ

    2021.03.31

  1. LiFE.017「おりがみ忍者ハッタリくん!?」ハッタケンタローさん

    2021.03.16

  2. マグノリアコーヒー

    LiFE.016「多様化するコーヒービジネスの世界で」富岡恒久

    2020.10.16

  3. 和菓子処-かんだ和彩

    LiFE.015「熊谷1の和菓子屋さんにインタビュー!」神田 武治

    2020.06.13

  4. どすこい喫茶やまこ

    FiLE.013 穀物と野菜と果物料理の店「どすこい喫茶やまこ」の女将に…

    2020.06.10

  5. Greengrocerystore

    LiFE.014「八百屋という名の古着屋さん」小林文弥

    2020.02.08

  1. 野本翔平

    行田市の「パートナーシップ宣誓制度」について、行田市議会議員の野…

    2021.05.04

  2. 星に願いを

    無数の願いが星川を彩りました / 熊谷なびイベント情報

    2020.12.24

  3. 星に願いを

    星に願いを / 熊谷なびイベント情報

    2020.12.11

  4. ギフトづくりワークショップ

    『極上の日常を旅するギフト』づくりワークショップに潜入してきた…

    2020.11.09

  5. 花処花十

    お客様の声003.ゆるいてんちょうさま

    2020.11.03

カテゴリーから選ぶ

Google広告

ワクワクを体験しよう

たべる、たいけん、よむ、まなぶ、の4キーワードと、おすすめのイイモノをご紹介。






いいお店

熊谷市民の生活圏内の「いいお店」を厳選してお届けしております。

Line URL:https://kumagayalife.com/

グーグル広告

公式YouTubeチャンネル

ドローンなどを活用して、動画で楽しい情報を配信しております。

URL:https://www.youtube.com/channel/

Google広告

LiNE@アカウント

LiNE@でしかGetできない情報や、限定オリジナル画像など続々と配信中です。

Line URL:https://line.me/

オリジナル画像配信中

熊谷戦隊クマレンジャー達の限定オリジナル画像を続々と配信中です。

下記のQRコードを写真で読み込むか、友達追加ボタンを押すだけで、簡単に無料でGETできます。

友だち追加 FiVE002

グーグル広告